~りよぐり~ ~Riyo's English~

英会話講師「りよ」が英語独学に役立つ情報を毎日20:00に更新中!



【最重要!】Be動詞と一般動詞を仕分ける3つのルール



 こんばんは!

「Riyo's English」こと

「りよぐり」の時間だよー!

 

今日は

「Be動詞と一般動詞を仕分ける3つのルール」

 

英文法は全てがここから。

これを理解していないとそれ以降の上達の

大きな妨げになってしまう。

 

理解しているつもりでも、

丸暗記でルールを理解していなかった?!

なんてことがないように、

今一度確認していこう!

 

 

Let's Get Started!!

 

 Be動詞とは

 

f:id:riyo-english:20181219033107j:plain

 

まず「Be」動詞とは何か。

そこから始めようね。

 

よく、日本語で「~です」

とかにあたるよ!なんて言われるけど、

それは好きじゃないなあ。

 

キチンと使うときのルールが

3つあるからそれは後から紹介するね。

 

まずは「Be動詞の形」から。

 

主語はまずは代名詞にして理解しよう。

 

「Be動詞の形」

主語

(単数)

 

主語

(複数)

 
I am We are
You are You are

He


She


It

is They are

 

上のリストのように、

現在形の「Be」は3種類

「am」「are」「is」

主語によって変わってることが分かるね。

 

ちなみに、上のリストにないような

「Taro」みたいな名前は、

太郎君は男の子で一人なので「He」

 

「My mother and I」は

自分を含む二人なので「We」

 

「Takashi and Kenta」は

自分を含まない二人だから「They」

 

「A dog」は一匹だから「He/She/It」

「Dogs」なら二匹以上だから「They」

 

こういう感じでまずは置き換える。

そういう訓練から始めてみよう。

 

この置き換えが出来ることが第一歩。

 

ちなみに、「Be動詞」は会話では

基本的に省略されるよ!

 

I am ・・・ I'm

You are ・・・ You're

He is ・・・ He's

She is ・・・ She's

It is ・・・ It's

We are ・・・ We're

They are ・・・ They're

 

これが略の一覧だよ!

 

 一般動詞とは

次に一般動詞とはという話。

これは簡単。

「Be動詞以外」は全部一般動詞。

 

「Play」「Study」「Go」「Get」

「Watch」「See」「Look」「Buy」

「Speak」「Run」「Take」「Make」

などなど、

 

この子たちぜ~んぶ!一般動詞だよ!

 

だから逆に言ったら、

「Be」を理解したらそれ以外は「一般動詞」

だから今回はとことん

「Be動詞」を理解していこう!

 

ここからが3つのルールだよ!

 

 「A=B」の時は「Be」

 

f:id:riyo-english:20181219033326j:plain

 

例えば、

I am Riyo.

(私はりよです)

 

この文章の中では、

「I=Riyo」だよね。

 

だから名前を言う場合だったり、

 

This is a pen.

(これはペンです)

 

この文章も同様に、

「This=a pen」なわけだよね。

 

だから、こういう場合には

「Be動詞」

 

 「AがBの範囲内」の時は「Be」

これはちょっと分かりにくいんだけど、

Aが数ある人や物の中の一つである場合。

 

Mike is a doctor.

(マイクは医者です)

 

「マイク=医者」

という1つ目のルールで

これが納得いく人は

この二個目は無視していいよ!

 

ただ、中には結べないっていう人もいる。

 

ひっくり返したら成り立たないじゃん。

「A doctor is Mike」変だよ!

 

だって上の「=」のやつは

「A pen is this」でも意味分かるもん!

ってなっちゃう人。

 

そういう人は、

Bが「医者」っていう大きなグループで

それの範囲の中に「マイク」が入ってる。

そういうイメージで捉えてね。

 

Lion is an animal.

(ライオンは動物です)

 

これもおんなじだね。

 

Bの中にAがいるから、

ひっくり返せないのは納得だよね。

 

ライオンは動物だけど

動物はライオンではないもんね。

 

 「BがAの状態・感情」の時は「Be」

最後は状態や感情を表すとき。

 

これはシンプルだからパパッといくよ。

 

I am happy.

(私は幸せです)

 

これが感情。

 

I am sick.

(私は病気です)

 

これは状態だよね。

「病気」っていう状態を表しているよ。

 

これも「=」で納得いく人は無視してOK!

だけれども、「自分=病気」ではないでしょ!

うん。それは僕も納得。

「自分=病気の状態」で捉えてみよう。

なんとなく納得いった?

 

それでも納得いかない場合は、

感情や状態の場合は「Be」

って覚えるしかないね!

 

こういう風に、1個~3個に分けて覚えよう。

でも、全部覚える必要はなくって、

自分がある程度納得できれば

ルールを減らしてもいいんだよ。

っていうことを覚えておいてほしいな。

 

次回は引き続き

 

Twitterのアンケートにて

文法の希望が多そうだったから

少しずつこういう記事も書いていくよ。

 

是非お楽しみに!

 

www.riyogli.net

 

僕の記事を少しでも気に入ってくれたら

 

「読者登録」

 

「Twitterのフォロー」

 

「応援コメント」等

どうぞよろしくね!