~りよぐり~ ~Riyo's English~

英会話講師「りよ」が英語独学に役立つ情報を毎日20:00に更新中!



【分析】2018年度センター試験(英語リスニング)



 こんばんは!

「Riyo's English」こと

「りよぐり」の時間だよー!

 

今日は

「2018年度センター試験」

 こちらを分析していくよー。

 

さぁ今回も頑張っていこう!

 

~勉強を始める前に~

 

センター試験(リスニング)

独立行政法人 大学入試センター様配信

 

※クリックすると別ウィンドウでリンクが開くよ。

 

問題 

スクリプト 

音声

解答

 

Let's Get Started!!

 

 第一問

 

f:id:riyo-english:20181230184328j:plain

 

今回は2017年度の傾向と

2018年度の傾向比較や

解き方の解説がメイン。

 

どういうテストかとか、

そういう説明的な部分は

2017年度の方の記事を見てね!

 

www.riyogli.net

 

さて、サクサクといていこう!

 

問1:答えは②

この問題はまず絵を比較しよう。

乗っているのが男女なのか女性のみなのか

ビルがあるのかないのか。

 

キーワードの

「skyscrapers」(高校ビル)

「who is the woman beside you?」

(あなたの隣の女性は誰?)

 

この2箇所が聞き取れれば

 

②が選べるはず。

 

問2:答えは③

これは恒例算数の問題。

Our bill is $85 請求書は85ドル

I have a fifteen-dollar discount coupon

15ドル引きのクーポンあるよ。

Remember, Mom gave us 10 dollars

お母さんが10ドルくれたよね。

Let's use that as well.

それも使おう。

 

その後に、「split the rest」

残りは割り勘ね!といっている。

 

85-15-10=60

それを二人で割るということは一人「$30」

 

ここでちょっと雑談。

スクリプトの「Mom」が文頭でもないのに

大文字になっているよね。

これは(自分の)お母さんという意味。

こういった書き方も出来るから、

よかったら使ってみてね。

 

問3:答えは③

「You often work weekends」

を肯定している発言があったため①は×

 

「I don't spend much time commuting」

commuteは通勤の意味なので②も×

 

④に関しては言及なし。

なのでベストアンサーは③となるよ。

 

問4:答えは③

「もっと安いものはある?」

ということに対して

「もうすぐ半額の古いものが届く」

という応答があったのを受けて男性は

「Could you hold one for me?」

(1つ取っといてくれる?)

と言っているね。

 

ただ、古いもののことを

「earlier model」と言っているので

リスニング注意。

「earlier」は早いだけれど、

これより早く発売された=以前の=古い

 

古いものが届き次第購入するので、

「now」ではない。

「old」と「later」が入った③が答えだね。

 

問5:答えは②

これも算数の問題。

「Meeting starts at 2」

ミーティングは2時に始まる。

「in 10 minutes」

10分後

ということは

現在時刻が1時50分だね。

 

そして、女性のコメント

「My watch is 20 minutes behind」

私の時計20分遅れてるわ!

 

ということは1時50分から20分を引いた

「1:30」が答えということになるよ!

 

問6:答えは②

聞き取った内容からグラフを予想

 

キーワードは

「decreasing especially from the Europe」 

 ヨーロッパが特に下がっている

「Asia is on the rise」

アジアからは増えてるね

 

ヨーロッパが減ってて

アジアが増えてるのは②だね。

 

 第二問

 

f:id:riyo-english:20181230184342j:plain

 

さぁ、サクサクやっていこう。

応答問題。

 

問7:答えは②

「全部買ってきた?バッテリーは?」

に対しての返事

①はショッピングには行ってるので×

②の(行く前に)思い出させてくれればよかったのに!

これが正しい

③の「バッテリーは?」と言われてから

堂々と「全部買ってきたよ!バッテリー以外はね!」

ってのものおかしい。

④は店の場所を言ってるので応答として不適切。

 

問8:答えは②

「Ready to order?」(ご注文ですか?)

に対して女性は「No」と答えている。

そして、ベジタリアン用のメニューについて

質問をしたところ、

「They are on the second to the last page」

(最後から二番目のページだよ。)

と言われている。

 

注文の準備が出来ていないので

②OK、もうちょっとまって下さい。

が適切と言えるね。

 

①のOK、ないの?

「いや、あるっていうてるやーん!」

って突っ込みたくなるから×

③「Second」が聞こえた人が引っかかる用の選択肢

④これはウェイターがいうようなコメント。

この女性がいいそうな言葉ではない。

 

問9:答えは④

これは絵画コンクールのようなものの話。

その中でヒロシが勝ったのに驚いている。

多分ヒロシの絵はそんなによくなかったのだろう。

そして、

「I thought Ayako had a good chance.」

(アヤコが勝ったと思ったよ)

と男性が言ってる。

 

これに賛同もしくは否定するものが

正しい返事となるわけだね。

 

そして、それをしているのが

④あなただけじゃないわよ!

「I thought so, too」(I think so, too の過去形)

と同じようなフレーズだね。

 

問10:答えは④

「Look it up」は調べるということ。

このフレーズが分からないと辛い。

 

現場から想像すると、

「ライオンとトラどっちが速いの?」

という質問に対して、

「どっちが速いと思うの?」

とお爺さんは一度投げ返している。

 

ここでおそらくお爺さんも答えが分からない

ということがなんとなく分かる。

しかし、「分からないから聞いてるの!」

と怒られてしまった。それに対する返事だから

「じゃあ調べようか」の④となる。

 

問11:答えは④

これはフレーズを知ってるか次第。

 

男性が確認のリピートをしたときに

ピンクと白の数を反対で言ったよね。

 

「The other way around」

これで「反対!」という意味。

 

「twice as many on pink」

(ピンクはその2倍)

これを拾えるかも中々キー。

 

つまり女性が

「白20とピンクはその二倍」

「じゃあピンクは20、白が40だね!」

「反対!」

という会話が完成すればOK。

 

問12:答えは②

「Geography」は地理

「地理のテストはどうだったの?」

という母の質問に対して

男の子は

「大丈夫だよ、楽しかったし地図は好き」

「いい成績を取れるってこと?」

これに対する返答。

 

あんまり不安ではないよ。の②

 

ちなみに「Grade」には「成績」以外にも

「学年」の意味があるから

④の選択肢はそっちの意味。

 

問13:答えは①

これは返事の主語を選ぶ問題。

直前に女性が

「I think "YOU" told me]

と言ってるから、

答えは「Did I?」の①

 

 第三問

 

f:id:riyo-english:20181230184354j:plain

 

 

問14:答えは②

色々な情報が聞こえてくる。

最初は「チャーハンを作る話」

 

そこから、

Let's eat out.

「外食しようよ。」

 

It's pouring outside.

「でも雨が降ってる」

 

How about the restaurant around the corner.

「すぐそこのカレー店は?」

 

これに対してOKで引っかかってしまう。

決定打は「They deliver」(デリバリーしてくれる)

つまり、食べる場所は家。

 

問15:答えは①

最初は2週間借りられて、

そこから図書館に行けば1週間ずつ伸ばせる。

図書館に行けば何度も伸ばせるみたいだけど、

「オンラインでは1回だけ」と言っているので

正しいのは①

 

問16:答えは③

問題文の「Will」がキー。

これから「find out」(調べる)こと

だから、既に知っている④は違う。

 

キーは女性の質問で、

「How long has he been doing that?」

(どのくらいの期間やってるの?)

I don't know I'll have to ask him.

(わかんない。聞いてみなきゃ)

 

この聞いてみなきゃ。といった内容こそが

これから調べること。

選択肢には「How long」と書いてないけれど、

「いつ始めたか」が分かれば計算できるよね。

だから「When he started」の③が正しい。

 

リスニング1つで3問!

頑張っていこう!

 

今回の問題は問題文の中に

「Here」「Here」

と何度も出てきて

その後に「We can・・・」

と出来ることや補足説明を加えることで

どこについて話しているかを読み取らせる

しっかりと追えてないと厳しい問題。

きっちりキーワードを抑えていこう。

 

問17:答えは②

クルーズは「Lasts about an hour」(一時間程度)

その後に昼食を食べることを検討している。

お昼に丁度いい時間に終わるものとなると

10:30のものだろう。

 

その後に

「ここなんてどう?30分くらいでつくよ」

と言っていて30分足すと

親切なことに12時になるように

ヒントも出してくれている。

 

問18:答えは④

このレストランのキーワードは

「There's a castle just north of it.」

すぐ北にお城がある。

ここを聞き取れれば④が選べるはず。

 

比較的内容を追わずとも取れるので、

ここは抑えておきたいね。

 

問19:答えは②

一応会話の中では全ての

アクティビティに触れている。

 

単語として出てきていない「Falls」

だけれど、きちんと「Here」で触れられており、

「We could take our annual family photo there」

(ここで今年の家族写真が取れるね。)

といっている。

ここだけではまだ「Falls」ということは分からない。

次に、「It's on the way from the zoo to the hotel」

動物園からホテルに行く道沿いにあるよ。

 

これがキーで「Falls」について

話していることが分かる。

 

そして、会話の中で諦めたのは

「Orchard」(果樹園)

リスニングでは「Apple picking」と言われている。

「Castle」(城)

と先ほどの「Falls」

 

諦めた理由

「Orchard」・・・季節が早すぎた

「Castle」・・・レストランから動物園の方へ行く

「Falls」・・・一日のスケジュールがもう一杯

 

この中で季節の問題である「Orchard」は

明日行ったところで同じ。

だから「Castle」と「Falls」である。

「Castle」はリスニングの中でも「Tomorrow」

とハッキリ言ってくれているから

「Falls」が拾えるかがカギ。

 

ちなみに細くの文法で

「It's on the way from A to B」

で「A から B の道沿いにある」という意味。

どこからどこへ移動するかが明確な場合

「It's on the way」までだけで使う場合もあるよ。

 

 第四問

 

f:id:riyo-english:20181230184515j:plain

 

また一つで3問!

 

問20:答えは④

まず①に関しては述べられているが

清掃とは関係ない。

 

次に②は「curfew」(門限)

確かにあったとは言ってるけど

それもクリーニングとは関係ない。

 

③が一番クリーニングっぽいけど

これに関してはリスニングでは

「I wouldn't be minded」

(やることに関しては気にしなかったのに)

「It had to be done before everyone else got up」

(でも皆が起きる前にやらなきゃいけなかった)

 

ということでクリーニング自体というよりは

早起きが嫌だったという風に受け止められる。

 

③に引っかからないように注意。 

 

問21:答えは④

「Mobile phones weren't available back then」

(当時は携帯なんてなかった)

といっているので「Mobile phone」が入ってる

①と②がまず消せる。

そして、③と④に関しては

また話し手は両方に触れている。

 

ただ、③に関しては

「each room was too costly」

(各部屋というと費用がかかりすぎるけど)

「But surely a phone on each floor would've been reasonable」

(各フロアだったら合理的)

 

という風な触れ方をしている。

つまり、話し手も「各部屋とは言わないよ」

と思ってるわけだから③がなくなる。

つまり答えは④。

 

聞きとれてればこれはハッキリ言っているので

比較的選びやすい問題かとは思うよ。

 

問22:答えは③

散々文句を言った挙句、

最後に話し手は結論を述べている。

 

「overcoming these difficulties

helped me grow up and

become more responsible person」

 

(これらの困難を乗り越えたことが

自分をより責任感のある人へと成長

する手助けをしてくれた)

 

 

ここが結論部分な訳だけど、

それが言い換えられているのが

「grow up」・・・「matured」(成熟した)

が入った③となるよ。

 

2017年に引き続きディベート問題。

誰がどんな意見を出しているかを

まとめながら聞くことが非常に重要。

 

問23:答えは④

これはジャスティンの発言に

着目してみていく必要があるよ

 

ジャスティンの発言を聞いていくと

パスポートやビザ、

健康診断や旅行保険、

二回目の発言ではチケットについて触れている。

 

それをまとめて表しているのが

旅行の段取りだね。

という理由で④が選べるよ。

 

問24:答えは②

トキコは自身のストーリーで

分厚い服を一枚持っていくんじゃなくて、

何枚も重ね着できる薄いものを

持っていったのが正解だった。

という話をしている。

 

ようするに、着たり脱いだり出来た方が

良い気候だったわけだね。

だから、

「climate of your destination」(目的地の気候)

と書いてある2番が正しい。

 

問25:答えは④

これは2017年のディベートでもやったように、

また一人一人の意見の要点を

まとめなければいけない問題。

 

ジャスティンは最初の問題に出たように

旅行の段取りについて述べている。

 

カレンは文化について述べている。

 

トキコは手荷物(スーツケースの中)について。

 

と考えると皆が「留学」というトピックの中で

それぞれが違う視点から

アプローチしていることが分かるよね。

 

だから④となる。

 

それでも不安な人はいるだろうから

他の選択肢も否定しておくね。

 

①は自分の意見を述べたのはトキコのみ。

 

②は最後に「We are getting there」

(結論には向かってる)

「But we still have a long way to go」

(でもまだまだ長い道のりになる)

と言っているので結論は出てないよ。

 

③ はディベートのトピックが「留学の価値」ではなく

「留学に行きたい人をサポートするために」

 

ということで他は何か違うということになる。

 

以上!

 

今日もコンパクトにまとめたつもりだったけど

中々長くなったねー!

 

最後まで読んでくれたみんな、

本当にありがとう。

 

次回は

www.riyogli.net

 

次で分析はひとまず終わり!

 

是非お楽しみに!

 

僕の記事を少しでも気に入ってくれたら

 

「読者登録」

 

「Twitterのフォロー」

 

「応援コメント」等

どうぞよろしくね!