~りよぐり~ ~Riyo's English~

英会話講師「りよ」が英語独学に役立つ情報を毎日20:00に更新中!



【分析】2018年度センター試験(筆記)



 

 こんばんは!

「Riyo's English」こと

「りよぐり」の時間だよー!

 

今日は

「2018年度センター試験(リーディング)」

 

今年最後の分析、頑張っていくよー! 

前回同様、テストの概要等については

割愛していくよ!

2017年の分析に関しては別で記事があるよ。

 

www.riyogli.net

 

昨日の記事をまだ見てない方は下記をクリック!

 

www.riyogli.net

 

~勉強を始める前に~

 

センター試験(筆記)

独立行政法人 大学入試センター様配信

 

※クリックすると別ウィンドウでリンクが開くよ。

 

問題

解答

 

 

Let's Get Started!!

 

 第一問

さて、今回も発音問題から。

音声をつけておくから

聞きながら確かめてね。

 

 

f:id:riyo-english:20181231014313j:plain

A

問1:答えは④

 

 他3つが「イ」の音に対して

④だけ「アイ」と発音されているよ。

 

 

問2:答えは③

 

これはいずれ記事でも取り扱うけど、

過去形の「D」は音の前が無声だと

「T」の音に変わるというもの。

「P」「GH」「CH」共に無声なので

「T」の音に対して③の「R」のみ

有性だから「D」で発音されているよ。

 

問3:答えは②

 

これはかなりシビア。

口の中を閉じて「アー」というか、

大きく開いて「アー」というか。

自分で発音出来ないと結構難しいかも。

音声をよく確認してみてね。

 

B 

音節に関しては2017年の記事を見てね。

 

問1:答えは①

 

聞いてみたら一目瞭然。

①以外は全て頭にアクセントがあるよ。

 

 

問2:答えは④

 

④が第一音声にアクセントがあるけど、

他の3つは第二音節にアクセントがあるね。

 

 

問3:答えは③

 

同じ3つは頭にアクセント

③だけ後ろの方にアクセントがあるよ。

 

 

問4:答えは②

 

また3つのアクセントは頭。

「delivery」のみ第二音節にアクセントがあるよ。

 

 第二問

 

f:id:riyo-english:20181231034432j:plain

 

問1:答えは③

「salary」(給与)は

「high」と「low」で言うよ

 

「weak」(弱い)はまず違うし、

「inexpensive」や「cheap」は

物の値段の話になってしまうので×だよ。

 

問2:答えは②

「go downstairs」(下の階へ行く)

というように前置詞がつかない。

 

文法的に言うと、

「there」や「here」のような

「~へ」という副詞。

 

だから「下の階へ」に「to」をつけると

「へへ」ってなっちゃうよね。(笑)

 

問3:答えは①

これは以前記事で書いた

「To不定詞」と「動名詞」の使い分けだよ。

 バドミントンをやめたのは

怪我をした点から「未来」

だから「Playing」になるよ。

 

この「To」と「動名詞」は

毎年1問以上は出てるから

ぜひチェックしてみてね。

 

www.riyogli.net

 

問4:答えは④

これは「想像の範囲を超えている」

という表現を作る問題。

 

「beyond my understanding」

 

「against」は「~に反する」

残りの二つは「be」から始まる

似た単語を並べているだけで

意味は全然違うよ。

 

「behind」は「~の後ろに」

「beneath」は「~の下に」

 

超えているのは「beyond」だけだね。

 

問5:答えは①

これは「for seven years」のところで、

「完了形を使う」ということが分かるね。

 

まず④が消えるよ。

キーワードは

「when she won the national novel contest」

この「when」と一緒に使われていて、

「when」の中が過去であることから、

「過去完了進行形」を使うことが分かるよ。

 

「過去に~した時」で7年経っていた。

現在は8年目、9年目かもしれないね。

となると現在完了形ではなくなるよ。

 

簡単に言うと、

7年たった時点が今よりも過去にあるから

「過去完了」

 

「~した時」と

ある一つの地点を表す時は「進行形」

 

この組み合わせだね。

 

問6:答えは③

関係代名詞を選ぶ問題

 

なぜ関係代「名詞」かというと、

本文の目的語の部分が抜けているよね。

目的語になれるのは「名詞だけ」なんだよ。

 

だからまず関係副詞の「how」を除外。

そして、「We did ~」

となってるってことは

要はやった内容が抜けてるんだよね。

 

関係代名詞のなかで、「which」は

直前の名詞を説明するもの。

つまり、文法用語でいうと「先行詞」

というものがいるよ。

 

この文は直前が動詞、先行詞は無いよね

つまり、「which」も除外。

 

「that」と「what」だけど、

 

簡単に説明すると

「that ~」っていう関係代名詞節と

「what ~」っていう関係代名詞節には

決定的な違いがあって、

 

 

「that」は省略出来るけど

「what」は省略できないんだ。

 

なぜなら、「what」には

「動名詞的な役割」があって

「~すること」という立派な意味があるよ。

 

それに対して「that」は上手に接続する以外

大した意味を持たないよ。

 

そして本文を見てみると

「私達が必要だと思う"こと"をした」

わけであって、

「私達が必要だと思うをした」

わけではないよね。

 

だからこの答えは「what」になるよ。

 

この問題は難しいね・・・。

 

問7:答えは①

これは意味を理解していれば解ける問題。

 

「はじめ”は”」を選べば良い。

 

Besidesは「それ以外に/更に」

なのでそもそも意味が合わないね。

 

Beginning は「はじめ」

Firstly は 「はじめに」

 

でちょっと接続がおかしくなるので、

「At first」(はじめは)が正しい答えとなるよ。

 

問8:答えは③

まずは「look」と「see」の違いから。

勝手に視界に入るのが「see」

目をちらっと向けるのが「look」

 

この場合はちらっと見たというよりは、

勝手に視界に入ってきて(みかけた)

いうことだから、「see」の方になるよ。

 

そして、その時「目の前で起こっていたこと」

というのを表す場合には「進行形のing」が好まるよ。

目の前で「進行」しているわけだから「進行形」

これが好まれる理由はなんとなく分かるよね。

 

問9:答えは③

もうすぐ梅が咲く(キーワード:this weekend)

と書いてあるわけだから

 

「shouldn't be long before ~」

(~するのに長くはかからないだろう)

 

というフレーズになるはずだね。

 

問10:答えは③

これもセットフレーズの問題

「I would rather A than B」

(AするくらいならBをする)

 

これを知っていれば解ける問題だね。

 

さて、並べていこう。

 

問1:答えは③、②

これはまたまたセットフレーズ

知っていれば簡単に解ける問題。

 

「get to know each other」で

「お互いのことを知る」

 

だから、

「you all can (get) to know (each) other」

で答えが出ちゃう。

 

問2:答えは④、②

僕はチームで二番目に得点を稼いだよ。

という文章を作る問題。

「I was (the second) highest scorer (on) the team」

 

「the second highest」という

「上から二番目」という表現が使えるか

そして、チームは「in」ではなく「on」を使う。

 

この二点を知っていることが

結構重要かもしれない。

 

 

問3:答えは③、②

これは関係代名詞の「who」がある。

そこに気づければ、

先行詞である唯一の名詞「those」

「those who」が作れて、

 

選択肢の「familiar」から 

「コンピューターを使うことに馴染みが無い」

という意味だろうというところが導き出せる。

 

「馴染みがある」は「familiar with」と

「with」を使うからそれの否定で

「aren't familiar with」

そして残った「to」は

「give advice to 人」

で最初につけると

 

「to (those) who aren't (familiar) with」と作れる。

 

応答問題。

 

問1:答えは②

主語が「it」なので、

「plan」という動詞を使おうと思うと

「it was planned」と受身になるはず。

Bが文法的に間違ってるのでA

 

そして、勘違いしてるわけだから

「Tuesday」な訳はないので、

「Thursday」のものを選んで、

 

「なぜなら私は間違ってるから!」

はちょっとありえないので

「でも間違ってるかも」

という意味のBを選んで

 

A→B→Bとなるよ。

 

問2:答えは④

これは、

「あなたの提案がなければ

○○で来ることなんてなかった」

 

という文章を選ぶ問題。

 

実際に使ったのは彼の提案が

「not to take the bus」

なので、バスではないことが分かる。

つまり真ん中は「the train」

ということが分かるね。

そうすると、上の文章を作るには

「I wouldn't have taken the train without your advice」

 

一応「あなたのアドバイスがあったせいで」

というケースも最後の選択肢にはあるけど、

「Thank you」といっている時点で

あまりそれは考えづらいね。

 

問3:答えは⑧

これは文章の内容を読み取れるか。

後に

「I hope we get another chance to do it」

(もう一回やるチャンスがあるといいけど)

 

といっていることから

真ん中はキャンセルになったんだろう

ということが分かる。つまりB

 

一番最初は台風が静岡を通った理由は

説明できないので、「That's why」の方になる。

そして、文章全体の意味を通すためには

最後は嬉しくないわけなので

「Unfortunately」の方となり

 

B→B→Bとなるね。

 

 第三問

不要箇所指摘やっていこう!

 

f:id:riyo-english:20181231145256j:plain

 

問1:答えは②

これは以前2017年の分析記事でも書いたように

最初の文と最後の文から大まかなトピックを

割り出してから臨むと解きやすい。

 

この文では最初と最後の文から

「カルチャーショック」について

というトピックが分かるね。

 

すると、②がそれに関係なく

彼の親のことについて

書いてあることが分かるね。

 

問2:答えは③

最後の文に「court」(裁判所)

と書かれていることから

おそらく最初の文の質問である

「トマトは野菜か果物か」

ということについての裁判だろうと予想。

 

すると、最初の文章で

「科学的には果物」と言っていて、

②でそれを否定。

「ほとんどの人がトマトを野菜だと思っている」

その例として

「Golden apple や Love apple」

はおかしいよね。

 

野菜だと思ってるのに果物寄りの意見が

ここに入っているのはおかしい。

最後の文章も野菜だと結論付けたわけだから、

そこに向かうためには③は邪魔な要素だね。

 

問3:答えは②

今回のトピックは

「虫は動物性たんぱく質摂取の代用品になるか」

ということが分かるね。

 

そして、最後を見てみるとどうやら

「いいものだから後は気持ち次第」

という結論に至ったようだから

真ん中の部分というのは「虫を食べよう!」

の方向で進んでいかなきゃいけないよね。

というところまでまず考えよう。

 

そして、家畜の代用品となるかだから、

鳥、豚、牛などとの対比も重要になってくるよね。

 

すると、虫の歴史が健康にどう関係があるかは

ちょっと良く分からないから②というのが分かるよ。

 

①はまず食べる利点を言っているわけだから最重要。

③は他の家畜に比べて場所を取らないし、

「greenhouse gas」(温室効果ガス)

牛などのゲップから出る

メタンガスを言っているんだろうから

これは家畜との対比だよね。

 

そして、家畜を育てられないような

水が無い砂漠みたいな場所でも育つ

ということが言いたいんだろうから

④も比較的重要。ということだね。

 

2017年に引き続き

会話の要約問題だね。

 

問1:答えは①

上の「Michael」の意見をまとめる問題。

 

バスケットボールチームが

頑張って練習して、

最終的に全国大会で優勝。

 

最後の文章で、

「People working hard and achieving their goals」

(頑張って何かを成し遂げる)

 

そんなムービーを作りたい。

と言っているわけだから答えは①

 

問2:答えは③

次は「Kim」のコメントを受けて

更にまとめていく問題。

 

「Kim」がちょっと成功者のストーリーは

一般人にはイメージしにくいよね。

 

ということで、

何か親近感が沸くようなものを作ることになった。

それを上手く言っているのが③だね。

 

問3:答えは④

最後は皆の意見の総まとめ。

最後の方に出てきた

「Takeshi」や「John」の意見は、

「共通点はつくりつつも、

ある程度はユニークな視点でないと

見る人は興味を持たない」

というもの。

 

つまり、

皆違う意見について述べつつも

皆「どうやったら見る人にうけるか」

ということを考えているわけだね。

 

つまり④となるよ。

 

 第四問

さぁ、ここからが長文。

 

f:id:riyo-english:20181231145157j:plain

 

 

問1:答えは②

これは第一段落にある

「consumers have different preferences

depending on product types」

(消費者の好みの色は商品によって違う)

 

という風に書いてあるため、②となるよ。

 

問2:答えは③

これは第三段落に全て書いてあるよ。

 

「top two products were both those

worn by the participants」

(上位二つは身に着けるもの)

 

「three lowest were electronic devices」

(下位三つは電化製品)

 

「36.4% が cellphone」

と書いてあり、

それが「highest among the electronic products」

つまり下から3つ目が「cellphone」となる

 

その36.4%は

「only slightly more than half of that for bags」

(カバンの半分よりちょっと多いくらい)

 

ということなので、上から

Footwear (はきもの類)

Bags (カバン)

Cellphones (携帯電話)

Music players (ミュージックプレイヤー)

となるので答えは③だよ。

 

問3:答えは②

これは第二段落で行われた

アンケートの対象者がドイツ人

ということを踏まえて

 

第四段落を読むと、

同じ赤でも

「love, danger , anger, and power」

同じ緑でも

「relationship with nature, good luck, and health」

と様々な印象があると書いてある。

 

そのため②が正しい。

 

ちなみに②の訳は

「ドイツ人の消費者は一つの色に複数のイメージを感じる」

ピッタリだよね。

 

問4:答えは④

次にどのように続くか。

これは最後の段落を読もう

 

内容としては、

今回はドイツの実験だったけれども

国によっては結果が異なる。

インターネットが普及した今、

他の国で色にどのくらい重きが

置かれているかを知ることが大事

 

その内容について、

「The next part of this passage will examine this topic」

(次の文章ではこれについて調査をしていく)

とあるため、上の内容を上手にまとめている

それっぽいのは①か④なのだけれど、

 

①は訳して見ると

「グローバル化が国際ビジネスの色の選択に与える影響」

 

ただ、今回のトピックはあくまで

「どのくらい重きが置かれているか」

を調べる調査だよね。

影響を調べるわけではないから④が正解。

①に引っかからないように注意してね。

 

 

f:id:riyo-english:20181231145120j:plain

 

広告を読み取る問題。

以前2017年の分析でも書いたように

広告のどの辺にどんな情報があるのか

サッと探せるように練習しておこう。

 

問1:答えは④

これは表の上の文章の最初の方に書いてある。

「Many fathers liked to cook

but often didn't have enough time」

(多くの父親は料理が好きだが時間がない)

 

つまりそんなことを解決してくれるのである。

それについて書かれてそうなのは③か④だけれど、

「時間がない」を解決するのであって、

「プロになり方」を教えるのではない。

つまりベストなのは④だね。

 

問2:答えは②

計算問題だね。

Frenchのコースが$250

コース料金10%オフが付いていて、

それを使うわけだから

あくまでコースだけ10%オフ(-25ドル)

エプロンとタオルは

借りるなら6ドル買うなら50ドル

と一番下の持ち物欄の()内に書いてある。

 

つまり、250-25+50=$275

ということで②だね。

 

10%を全体から引いてしまうと

①になってしまうから注意。

※あくまで「Course Fee」

 

問3:答えは③

「weekend」と「morning」が

「no free time」なわけだから、

朝と土日を避けれるコースを選べば良い。

 

Italian・・・午前中×

French・・・午前中×

Japanese・・・OK

Chinese・・・土曜日×

Sunday Family Breakfast・・・土日× 朝×

 

ということで「③Japanese」になるね。

 

問4:答えは④

ちょっと読み取るのが難しいんだけど

持ち物欄のところに

「An empty stomach」

(空のお腹)

これを持ってきてねというジョーク。

 

つまり「お腹を空かせてきてね」

ということは作ったものを

食べることが読み取れるね。

 

だから④だよ。

 

①は50ドルの割り引きは受けられても無料ではない

②は「3 hours」ならそうだけど、「months」のひっかけ

③は「Fees include all ingredients」(材料費込)の記載有

 

 第五問

 

f:id:riyo-english:20181231145040j:plain

 

これは結構難しかった。

何について話しているかがとっても曖昧

話を読みながら映像が頭に浮かんでいたり

自分の身近なものに置き換えながら

読めないと相当辛い。

 

ざっくり内容を先に言っておくと、

地球外生命体が外部から

地球のような惑星を見ながら

書いた日記みたいな感じの文章。

 

問1:答えは③

「DAY 1」を見てみると、

「ミッションで嬉しい報告がある。

他の惑星で生命を維持できそうな星を発見した」

という風にある。

 

つまり、他の星で生命を探しているのだろう。

その内容に合うのは③だね。

 

問2:答えは②

「DAY 4」の記載を見てみると

「They were definitely made by

some kind of intelligent beings」

(これらは確実に何かしらの

頭の良い生物によって作られた)

と書かれているね。

 

ちなみに、

この「They」は「DAY 1」で書かれていた

「white substance」(白い物質)

それを近くで見ると

「mechanical devices」(機械デバイス)で

「designs are rather comples」(作りがとても複雑)

であることが分かったと書いてあるね。

 

なので、「優れた技能を持っている」の②が正解

 

問3:答えは②

辞書で「reservation」の意味を

知っている子は①を選んでしまいそうだけど、

答えは②

 

下線部の前後にある文章の

「Are leaders of this planet hiding from us?」

(この星のリーダーは私達から隠れているの?)

 

「Is that why they use those flying objects to check out space?」

(だからあの飛行物体で宇宙をチェックしているの?)

 

この二つからこの文章の「reservations」を推測する。

Do they have reservations about meeting us?

(リーダー達は私達に会う"reservation"があるの?)

 

この文の「reservation」は隠れていたり

用心深く宇宙までチェックしていたりするとしたら

「appointment」(予約)であるはずがないね。

 

選択肢の訳を見ていくと

①予約

②懸念 / 不安

③予想 / 期待

④防護物

 

この中でよさそうなのは②か③。

しかし、予想が出来るなら

チェックする必要はないし

隠れたりチェックしている

ということを含め「不安」が適当。

なので②となるよ。

 

問4:答えは①

これは「DAY 19」の中にヒントがあるよ。

「We were especially surprised to find one

that looked very similar to us」

(私達にとても似た生物を見つけて特に驚いた)

 

と書いてある。

つまり、この生物の描写が書き手に似ている。

その描写を見ていくと、

 

「upper part of its body was round and soft」

(体の上部は丸く柔らかい)

「Underneath that were two large eyes」

(その下には大きな二つの目)

「and several long arms」

(といくつもの長い手)

 

要はタコみたいな生物だよね。

ということで「octopus」が入っている①が正解。

 

問5:答えは③

「incorrectly assumed」は

間違った思い込みをする。

 

なので、全ての頭の良い生物に関して

どのような間違った思い込みをしていたか。

これを答えれば良い。

 

「DAY 40」を見ていくと、

 

「dry area」(乾燥したエリア)

つまり水中以外のエリアに生物を見つけた。

 

そして一言。

「What a shock!」

(なんてこった)

 

その後、

「We, creatures living in liquid,

had never imagined creatures like them」

(私達のような水中に住む生物は、

あんな生物がいるなんて想像もしなかった)

 

これが間違った思い込みの部分だよね。

となると、「③水の中にいると思っていた」だね。

 

 第六問

 

f:id:riyo-english:20181231144831j:plain

 

また第六問は必ず学問的!

単語が一気に難しくなるよ。

 

A 

問1:答えは④

この「Archaic」の意味は

辞書なんかで知っていればいいのだけれど

「昔の」という意味。

 

「昔の天体望遠鏡」=「archaic telescope」

というわけだね。

 

ただその意味を知らない場合でも、

 

第二段落は17世紀の話から始まってるね。

つまり昔の話という前提で消去法をして

 

「①進歩した」

「②現代の」

「③普通の」

「④昔の」

 

ということで④を選ぶことは

可能な問題ではあるね。

 

ただこの手の問題は選択肢が分からないと辛い。

普段から語彙力は鍛えておこう。

 

問2:答えは②

今度は顕微鏡の話だね。

 

指示通り第三段落を読み解いていくと

顕微鏡から人々が学んだことは、

「They had thought were whole and could not be divided,

actually consisted of smaller components」

(彼らが全体でこれ以上分解できないと思っていたものが、

実際はもっと小さいものから出来上がっていた)

 

ということが分かったわけだよね。

ちなみに「They」は科学者

上記の内容を説明している答えは②だね。

 

問3:答えは①

今度は四段落目!

カメラが可能にしたことは何か?

これのキーフレーズは

 

「Camera is a tool that gives us the power

to freeze change at different points in time」

(カメラは私達に変化を様々な時点で

止められる力を与えてくれる道具)

 

ここが決め手。

だから「時間の中の一瞬の時を正確に捉えること」

 

問4:答えは①

今度はレントゲンの仕様用途について。

 

これは5段落目の真ん中あたり。

「One of the most important applications was in medicine」

(一番大事なレントゲンの応用は薬だ)

 

当時診断が難しかったのを、

レントゲンが患者さんの体の中を

見れるようにしたことによって

「identify where there problems」

(どこに問題があるのか見つける)

これを可能にしたと書いてあるね。

 

①はそれをそのまま言い換えただけだね。

 

問5:答えは②

一番上から順番に見ていくと、

天体望遠鏡が出来て変わったこと

顕微鏡が出来て変わったこと

カメラが出来て変わったこと

レントゲンが出来て変わったこと

 

全てある道具が今まで見えないものを

見えるようにしたことによって、

人々に起こった考えの変化について述べている。

 

つまり「②技術進歩が私達の考えに影響する」

これが正しい答えになるね。

 

これはまず全部選択肢を訳しておくね。

すると簡単だよ。

 

①物の中を調査する (レントゲン) 

②小さい物の世界を探検する (顕微鏡)

③変化のシリーズの間の瞬間を見る (カメラ)

④レンズを使って宇宙を見る (天体望遠鏡)

 

51:答えは④

第二段落は天体望遠鏡について話してたね。

 

52:答えは②

第三段落は顕微鏡だったね。

 

53:答えは③

第四段落はカメラだよ。

 

54:答えは①

第五段落の内容はレントゲン。

 

これは問題が訳せて段落と繋げられれば

今回は簡単な問題だったかな。

 

以上!

 

二年分のセンターは非常に長かった!

2年分のセンターの記事を書くのに

使った時間約15時間!(笑)

 

皆が見てくれたらそれだけで嬉しいな。

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう。

 

次回は

www.riyogli.net

 

久々に通常記事に戻るよ。

 

是非お楽しみに!

 

僕の記事を少しでも気に入ってくれたら

 

「読者登録」

 

「Twitterのフォロー」

 

「応援コメント」等

どうぞよろしくね!