~りよぐり~ ~Riyo's English~

英会話講師「りよ」が英語独学に役立つ情報を毎日20:00に更新中!



For と To の使い分け1つの文法的ルール



 

こんばんは!

「Riyo's English」こと

「りよぐり」の時間だよー!

 

今日は

「For と To の使い分け1つの文法的ルール」

 

とっても簡単だけど

理解してないと日本語ではどちらでも

「~ために」という風に

同じだから間違ってしまう部類の一つ。

たった一つの簡単なルールだから

是非、今日しっかりと抑えてしまって

もう間違わないようにしよう!

 

Let's Get Started!!

 

 日本語ではどちらも「~ために」

 

f:id:riyo-english:20190114023326j:plain

 

上にも書いたようにどちらも日本語で書くと

「~ために」という風になるよ。

ここがまず難しいところだね。

 

じゃあどんな違いがあるんだろう。

一度見ていこう。

 

日本語を経由する場合なんかには、

少し訳し分けをしていこう。

 

日本語の文章の組み立て方を

すこしかえるってことだね。

じゃあ具体的にどうやって変えるのか

 

「~のために」(For)

「~するために」(To)

 

という風に少し長くなるけど訳していこう。

 

これには文法が少し関わってくるから

ここからは文法的な話になっていくよ。

 

 「For」の使い方

 

f:id:riyo-english:20190114023533j:plain

 

まずは「For」の方から見ていこうね。

 

「I went to the store for drinks.」

(私は飲み物のために店に行った)

 

「I go to the gym for my health.」

(私は健康のためにジムにいきます)

 

というように、基本的には

「for + 名詞(句)」

というスタイルをとるよ。

 

for 「飲み物」(名詞)

for 「健康」(名詞)

 

というわけだね。

 

 「To」の使い方

 

f:id:riyo-english:20190114023651j:plain

 

次に「To」を見ていくよ。

「To」の方は「~するために」

って訳すんだったね。

 

つまり「する」が入るから

「To + 動詞」になるよ。

 

「I went to England to study English.」

(私は英語を勉強するためにイギリスへ行きました)

 

「I drink coffee to relax.」

(リラックスするためにコーヒーを飲みます)

 

「To+動詞」の形になっているのが分かるかな?

 

ただ、この二つはもちろん

かなり近い意味を表しているから

大体の場合は書き換えができるよ。

 

 書き換え

 

f:id:riyo-english:20190114023754j:plain

 

上の例文を書き換えていこうか。

 

「I went to the store for drinks.」

 

これをまずは書き換えてみよう!

 

さてクイズ!デデン!!

( )に入る語句を書きなさい。

※( )内は何語でもOK!

 

「I went to the store to (                )」

 

じゃあこっちはどうなるだろう?

 

「I go to the gym for my health.」

 

「I go to the gym to (     )」

 

さて、どんどんいくよ!

 

「I went to England to study English.」

 

「I went to England for (    )」

 

最後!

 

「I drink coffee to relax.」

 

「I drink coffee for (    )」

 

さて答え合わせしていこう。

もちろんいい方は一つじゃないから

これ以外の言い方もあるよ。

 

あくまで解答例だと思ってみてね

 

「I went to the store to buy some drinks.」

※「Buy」を「Get」や「Pick up」でもOK。

 

「I go to the gym to be healthy.」

※少しニュアンスは変わるけど「Be」を「Stay」もOK。

 

「I went to England for my English study.」

 

「I drink coffee for relaxation.」

 

もちろんどっちかで言う方が自然な場合もあるけど

書き換えが出来ることで「品詞」に強くなれたり

語彙も増えるよ。

 

例えば「Relax」は動詞だけど

「Relaxation」が名詞か。

とかそういう発見に繋がるよ。

 

そこから、「tion」は名詞なのか。

じゃあ「information」は「inform」にしたら動詞?

とかそういった法則性を見つけられるよ。

 

そうなってくると一つの語彙を覚えたら

「2つ」「3つ」と増えていくね。

こういうのを「接頭辞・接尾辞」

っていうんだけど、このトピックに関しては

長くなるからまたの機会にしておくね。

早い方がいいから明日の記事にしようかな。

 

いずれにせよ書き換え練習は、

こんなに大きなメリットがあるから、

デメリットを理解した上でならやった方がいいよ。

 

「たまに不自然になる場合がある。」

 

このデメリットだけは念頭において

どんどん書き換えしよう。

 

さて、今日も長くなっちゃった!

 

最後まで読んでくれてありがとう!

 

次回は

「接頭辞・接尾辞について」

 

是非お楽しみに!

 

僕の記事を少しでも気に入ってくれたら

 

「読者登録」

 

「Twitterのフォロー」

 

「応援コメント」等

どうぞよろしくね!