~りよぐり~ ~Riyo's English~

英会話講師「りよ」が英語独学に役立つ情報を毎日20:00に更新中!



【意外と難しい!?】位置を表す3つの前置詞使い分け【In / On / At】



 

 こんばんは!

「Riyo's English」こと

「りよぐり」の時間だよー!

 

今日は

「位置を表す前置詞使い分け3選」

 

メジャーな前置詞

「In」「On」「At」

この3つについて解説していくよ。

 

 

Let's Get Started!!

 

 Inのイメージ

 

f:id:riyo-english:20190102053125j:plain

 

まずは「In」から。

「In」の意味は「~の中に」

 

これはほとんどの人が知っているよね。

じゃあどういうときに使うのか。

 

これは箱のようなものの中はもちろん、

空間の中、囲いの中、枠の中、

様々なものに使うよ。

 

例文を見ていこう。

 

My wallet is in the bag.

(私の財布はカバンの中にあります)

 

これはイメージしやすいよね。

物理的に中に入っているケース。

 

He is in the park.

(彼は公園にいます)

 

これは枠が見えないパターン

公園っていうのは箱みたいにはなってないけど

どこまでが公園の境界かは

誰でも当然のようにわかるよね。

そういう枠の中にいる場合も「in」を使うよ。

 

だから同様に

 

My dad is in the yard.

(私の父は庭にいる)

 

庭もどこまでが庭か結構はっきりしてるよね。

だから「In」が使えるよ。

 

それ以外にもちょっと違った表現で

「頭の中」なんかも「in」を使うよ。

 

That song is in my head.

(頭の中であの曲が流れる)

 

英語では脳や頭を空間と認識するんだね。

面白いよね。

日本語でも「頭に入れる」

なんてことも言ったりするし

そういうことだよね。

 

「In」は立体的な空間

3Dのイメージをしておこう。

 

f:id:riyo-english:20190102031535p:plain

僕が書いた下手な絵載せておくね(笑)

 

 

 

 Onのイメージ

 

f:id:riyo-english:20190102053828j:plain

 

この「on」というのは

どこか面に触れている場合に使われる前置詞。

「In」が立体的な3Dだったのに対して、

2Dに触っているようなイメージ。

 

よく学校では「~の上に」

なんて教えられた人もいるだろうけど、

触れてれば逆さまでもいいからね。

 

天井だったり壁もOK。

まずは例文と図を見ていこう。

 

My pen is on the table.

(私のペンは机の上にあります)

 

f:id:riyo-english:20190102034055p:plain

このイメージだね。

 

次に、

The painting is on the wall.

(絵画が壁にかかっています)

 

f:id:riyo-english:20190102034151p:plain


これはこういう方向で触れている場合。

 

There is a spider on the ceiling.

(天井にクモがいます)

 

これが逆さまのパターンで

 

f:id:riyo-english:20190102034236p:plain

こんな感じのイメージ。

 

これらは全部「On」を使うんだよ。

だから必ずしも上に乗ってなくてもいいんだね。

 

英語で平面でとらえているものとして、

「道」や「階」なんかがあるよ。

 

「道」の例文:

The store is on ~ Street.

(それは~通りにあります)

 

「~」の中には道の名前が入るよ。

海外では道の一本一本に名前がついていて

それが住所の中に含まれるようになっているから

その名前を入れよう。

日本なんかだと「国道1号線」なんかは

「Route 1」なんていったりするよ。

 

だから

The store is on Route 1.

(それは1号線にあります)

 

「ラウンドワン」じゃないよ。

「ルートワン」だよ。

人によっては「ラウトワン」

って発音する人もいるね。

 

「階」の例文:

The electronics store is on the second floor.

(電気屋さんは2階にあります)

 

こんな感じで「on the ~ floor」

「~」には「~番目の」

という時の形の数字を入れるよ。

「first」

「second」

「third」

「fouth」

ってやつね。(日付と同じ)

 

 Atのイメージ

 

f:id:riyo-english:20190102053243j:plain

 

最後にとても難しい「At」のイメージ

まず「At」には二つの意味がある

ということを覚えてほしい。

 

1,活動中を表す「At」

2,点を表す「At」

 

まずは点を表す「At」から。

 

He is studying at his desk.

(彼は机で勉強しています)

 

I'm eating at the counter.

(私はカウンターで食べています)

 

「机で」「カウンターで」

これらはどちらも自分のいる場所が「ココ!」

という風に「点」でイメージできるよね。

 

 

これが点を表す「At」だよ。

 

f:id:riyo-english:20190102054420j:plain

 

 

次に活動中を表す「At」

これは場所全体とその活動自体を表すよ。

 

場所全体を表すというのは

例えば「彼はスーパーにいるよ」

なんて場合は

「He is at the supermarket」

という言い方をするよ。

 

これには「駐車場」にいてもいいし

「建物内」にいてもいいし、

「スーパーのトイレ」にいてもいい

 

さらに活動自体といったのは、

「買い物をしにスーパー行ってくるね」

と言った時にはその道中から「at」

 

どういうことか分かりにくいよね。

 

一つずつ説明していくね。

 

まずは会話例:

 

Mom: I'm going to the supermarket.

(母:スーパーに行ってくるね)

Riyo: OK.

(りよ:オッケー)

 

母が家を出てすぐの会話

 

Dad:Where is your mom?

(お母さんは?)

Riyo:At the supermarket.

(スーパーだよ)

 

母が家を出てすぐだから、

まだスーパーについていない。

それでも「At the supermarket」

と言うんだね。

 

つまり、「At」はその場所全体と、

その場所でする活動を表す。

 

買い物をしにスーパーへ行った。

買い物という活動中であれば、

例えそれが移動中でも

実際にスーパーに到着して買い物中でも

既に「At the supermarket」

要は活動中なんだよね。

 

 

だからどこかへ行って何か活動をする際には

結構「At」が便利だったりするよ。

 

訳す時は活動なわけだから

「~中」だったり「~しにいってる」

という風に訳すといいかな。

 

よく「At」と一緒に使われる活動として

 

「At work」

(仕事中)

 

「At a party」

(パーティー中)

 

「At the gym」

(ジム中(トレーニング中))

 

「At the movies」

(映画を見にいってる)

 

「At the supermarket」

(買い物をしにいってる)

 

などがあるよ。

 

 難しいケース

 

f:id:riyo-english:20190102054512j:plain

 

ここからはどちらもいけるけれど

ニュアンスに多少の違いが出るケースを

例文と共に見ていこうね。

 

例えば仕事中のトムの場所を質問された。

 

その返事として、

 

「He is in his office」

(彼はオフィスにいます)

 

「He is at work」

(彼は仕事中です)

 

上は「In」を使った返事の例

下は「At」を使った返事の例

 

上の「In」を使った例は

物理的に「office」という空間の中に

トムはいるわけだから

「オフィスに行けば会える」

というニュアンスを含むんだね。

 

次に「At」を使った例の場合だけど

仕事中(だけどどこにいるかは分からない)

というニュアンスを含んでいる。

取引先に営業に行っているかもしれないし、

オフィスでレポートを書いているかもしれない。

カフェでミーティングなんて可能性もある。

 

だから、相手の返事も変わってくるよ。

相手と直接会って話したい場合に

 

「In」の例だと

「Do you know if he is free, so I can talk to him?」

(話したいんだけど彼の手があいてるか分かる?)

 

「At」の例だと

「Do you know where he is?」

(彼がどこにいるか分かる?)

 

という風な返事になるよ。

要は「At work」だけでは

どこにいるかが分からない

だから「どこにいるか分かる?」となるけれど

「In his office」だとオフィスにいるのは確実。

だから「手があいているか」の確認になるんだね。

 

こういったニュアンスの違いが理解できると

前置詞選びも少しずつ困らなくなってくるよ。

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう。

 

次回は

「【確認テスト】To不定詞と動名詞(全20問)」

についてお話するよ。

 

是非お楽しみに!

 

僕の記事を少しでも気に入ってくれたら

 

「読者登録」

 

「Twitterのフォロー」

 

「応援コメント」等

どうぞよろしくね!