~りよぐり~ ~Riyo's English~

英会話講師「りよ」が英語独学に役立つ情報を毎日20:00に更新中!



【第一話】「りよ」のアメリカ生活【生活編】



 こんばんは!

「Riyo's English」こと

「りよぐり」の時間だよー!

 

今日は

「りよのアメリカ生活 part1」

初のシリーズもの!

頑張っていきましょう! 

 

Let's Get Started!!

 

 父が突然アメリカ転勤

 

f:id:riyo-english:20181128010655j:plain

 

まずはアメリカに行った経緯から話すよ!
中学一年生の12月のこと。
父が家に帰ってくるなり一言。
「あ、アメリカ行くことなったから。」
軽っ。
 
単身赴任もあったらしいけど
勝手に家族で行くと返事したらしいよ。
(母がぼやいてた)
 
僕は中学に入ったばかりだったし、
結構どうでもよかったけど、
妹はずっと一緒にいた友達と離れる。
そんなことを言って泣いてた。
 
今思うといい経験だけど、
当時は苦労したこともいっぱいあったなー。
どれだけ思い出せるか分からないけど、
少しずつ思い出しながら書いていくね。
 

 大量の予防接種

 

f:id:riyo-english:20181128010736j:plain

 

まずはアメリカの学校に行くのに
日本では義務付けられていない

 

予防接種を沢山受けなきゃいけない。
なんていう話になって、
家族全員英語もわかるはずもなく母と病院へ。
 
1日で4本とか注射打たれたの初めて。
人体的に悪影響とか大丈夫なの?
なんて思ってた。
 
英語はお医者さんが外国人慣れしてたから
ジェスチャーとかでなんとかなったよ。
 
その後僕は熱が出て学校に行くのが遅れた。
今思えばもしかしたらこの注射のせい?
 

 オハイオ州について

 

f:id:riyo-english:20181128010945j:plain

 

僕が住んでたのはオハイオ州。
州都のコロンバスで6年ほど過ごしたよ。
トウモロコシが有名で、
近くの公園にはトウモロコシの石像が
たくさん並んでたよ。
 
かなり田舎。
静かでいいとこ。
五大湖やナイアガラの滝に
結構近いところで、
アメリカでいうとかなり北にあたるよ。
だから冬はマイナス20℃くらいになる。
 
スクールバスを外で待ってると、
顎がガチガチし始めるときがあった。
トムとジェリーとかでよく見るやつ。
寒いと本当にこうなるんだって思った。(笑)
 
他にはシーダーポイントっていう
絶叫系でかつては世界一高かった
ジェットコースターがある
絶叫専門の遊園地があるよ!
 
僕は絶叫系は死んでも無理だけど、
一応、友達に連れていかれて乗ったよ。
ちーん。
 
スポーツも結構盛んで、
 
野球はクリッパーズ
バスケはキャバリアーズ
アイスホッケーはブルージャケッツ
アメフトはバックアイズ
 
などなど沢山あるから
スポーツ観戦にもよく行ったよ。
 
オハイオは結構大きいので、
アメフトと野球はもっとチームがあるよ。
今回は僕が住んでたコロンバスの
チームをチョイスしたよ。
 
中でもアメリカ文化と
切っても切り離せないのが
絶対にアメフト。
 
また詳しくは高校編なんかで書きたいなー。
と思っているけど、本当に熱狂的。
 

 初のアメリカ現地校

初のアメリカ現地校は、
予防接種や、そのあと出た熱の影響で
2月からスタート。
 
まさか現地校に放り込まれるとは、
思っていなかったので正直驚いた。
 
当時中1だった僕だけど、
オハイオの学校のシステムが、
 
9月スタートの、
小学校5年
中学校3年
高校4年
 
というシステムだったので中学2年に。
向こうでは小学校からずっと
数字が上がっていくので7年生に編入。
 
向こうは移動教室で、
いつも一緒に過ごすクラスがないため、
 
日本の学校でよく想像する、
「はーいみんなー。転校生だ!」
「初めまして。日本から来ました…」
みたいなのは無かったよ。
 
でもなんとなく話は伝わってたみたいで
「あー、君が噂の転校生ー?」(洋画風)
みたいな感じで人が集まってきた
そんなイメージは覚えてるよ。
 
でも当時の僕は中1。
英語が出来るはずもなく、
正直何言ってるか分からなかった。
だから上も想像なのは勘弁してね。(笑)
 
宿題は沢山出た。
毎日5時間、6時間かけながら
数学は文章題を日本語に訳すところから。
式や数字だけの問題が出るとサービス問題。
文章題の意味を取り違えて
式を立て間違えることも。
 
社会は専門用語の丸暗記。
1日で15ページくらい教科書を読み進めて
要約を書いてくるというような宿題も。
これが出た日は地獄だったなあ。
 
理科は比較的絵も多いし、
数字も多いからなんとなく頑張れた。
でも、単位が違う!
 
インチ?フィート?ヤード?
ファーレンハイト?マイル?
オンス?ポンド?ガロン?
 
ぽかーん。。。
 
単位がことごとく日本と違う。
ネイティブと話すときに
正直これはかなり苦労した。
 
メートルで言っても相手は
メートルってどのくらい?
℃でいっても、
え?それって°Fだと?
 
そんな会話になっちゃうんだ。
 
 

 自分を助けた要素

 

f:id:riyo-english:20181128011140j:plain

 

自分を助けた要素は音楽。
「音楽は国境を越える」
なんてよく言ったもんだけど、
本当にそれは感じた。
 
僕は小5から今で言うビートボックス
当時はボイパ。ボーカルパーカッション
なんて呼ばれてたけど。
それをやってたおかげで、
学校ではちょっとした有名人になれた。
 
これに関しては
後でまた詳しく書いていくよー。
今日はここまで!
 
なんせ6年住んでたから
書くことが多すぎる!
 
最後まで読んでくれてありがとう!
 
ということで次回
 
 
続編やってきます!
 
是非お楽しみに!
 

僕の記事を少しでも気に入ってくれたら

 

「読者登録」

 

「Twitterのフォロー」

 

「応援コメント」等

どうぞよろしくね!