~りよぐり~ ~Riyo's English~

英会話講師「りよ」が英語独学に役立つ情報を毎日20:00に更新中!



【第二話】「りよ」のアメリカ生活【部活編】



 こんばんは!

「Riyo's English」こと

「りよぐり」の時間だよー!

 

今日は

「りよのアメリカ生活 part 2」

 部活について書いていくよー!

 

Let's Get Started!!

 

 アメリカでの部活動開始

 

f:id:riyo-english:20181128011528j:plain

 

中学に入って一年半くらい。
英語はまだまだだったけど、
生活に余裕が出てきたので
「そうだ!部活動を始めてみよう!」
なんて思える日が来たんだよ。
 
初日からは想像できないなあ。
 
「りよ」は日本の中学校では
12月までだけだけど
「サッカー部」をやっていたよ。
 
サッカーをやろうと思ったの。
そして、色々部活について
学校でリサーチをしていって
分かったことが沢山あったから
シェアしていくね。
 

 「トライアウト」がある

 

f:id:riyo-english:20181128011637j:plain

 

まず最初に驚いたのは
「トライアウト」
という入部試験があること。
 
アメリカは人口も多いし、
出来る人の出来るところを伸ばす
苦手なことは得意な人がやればいい。
そんな発想なんだろうなあ。
 
それぞれが自分の活躍できる場所を探して
そこで頑張っていく。
もちろんやったことのない子達も
多く集まるこのトライアウトは
人が生まれながらにして持ってる
そのことに対する「センス」を
見られているようなテストな気がしたなあ。
 
やりたいのに出来ない子が
どうしても出来てしまう制度だけど
「一度落ちたらもうダメ。」
なんて制度はなくて、
落ちてから頑張って
翌年その部に入る子もいたよ。
 
ただ一点、日本と絶対的に違うのは
トライアウトに落ちた子は、
練習する場所すら自分で探して、
コートやグラウンドで練習している
トライアウトに受かったみんなより
大きく成長しなければ
翌年のトライアウトも落ちるということ。
 
社会の厳しさを学生にして突きつけられる。
そんな印象だったなあ。
 

 部活は基本シーズン制

 

f:id:riyo-english:20181128012023j:plain

 

アメリカの部活は基本シーズン制。
日本みたいに一年通して
同じ部に所属することはないよ。
 
すると何が起きるか?
毎シーズンがトライアウト…
もちろんそんな器用じゃないので、
落ちたら出来ないシーズンもある。
 
春はバレーボール、テニス、野球
夏はバケーション
秋はサッカー、アメフト、クロスカントリー
冬はバスケ、陸上、フェンシング
 
もちろんそれだけじゃないけど、
メジャーなものを書いたよ。
 
さらに言えば、
上のリストは僕が男だから
男子のもので書いたけど、
男女でシーズンが違うものもあるよ。
 
例えば女子のバレーボールは秋。とか。
 

 入りたい部に入れなかった

 

f:id:riyo-english:20181128012124j:plain

 

そんな中で、なんと緊急事態!
「りよさん、入りたい部に入れないの巻」
 
トライアウトに見事落ちました。
サッカー部に入れなかった・・・。
 
トライアウトの内容としては、
実際には他チームに分かれて
ミニゲームをしたり、
リフティングをしたり、
それをコーチが見てるという内容。
 
コーチが見てる中で
輝かしい結果を残した人が合格していく。
そんな中何も目立った結果を残せず終了。
 
英語力がないというだけでも
既にマイナスなのに受かるわけがない。
 
ただ、このトライアウトが
「自分の売り込み方」
「他人への自分の見せ方」
「次受かるにはどうしたらいいか」
それを「考える力」だったり、
色々なことを教えてくれたよ。
 
「一回落ちた僕」と「落ちてない僕」
一回くらい落ちといた方が
成功し続けるより人は成長する。
多分そう思うよ。
 
べ、別に落ちた僕を肯定している訳では・・・。(笑)
 

 クラブチームでの活動

このシーズン制の悪い点は
「一年通して同じスポーツができない」
というところ。
 
ただ、クラブチームがあって、
オフシーズンにはそっちで練習
なんてことはできるようになってるよ。
 
もちろんそっちにもトライアウトはあるし、
「学校でやってて得意だから」
「もっと上手くなりたいから」
って人が集まってくるから
学校のトライアウトよりレベルは高いよ。
 
僕も後にこのクラブチームで活動するんだけど
サッカー部ではないよ。
何部かは高校編のお楽しみ。
 
ちなみにこのクラブチームには、
遠征なんかがあったりするよ。
 
アメリカは広いから何時間もかけて
車や飛行機で試合や大会に
行かなきゃいけないんだあ!
 
今思うと、サポートしていた親は
とっても大変だったと思うよ。
 
さて、今回も長くなったけどおしまい!
 
最後まで読んでくれてありがとう。
 
次回は
 
 
りよの中学生活についてより詳しく書いていくよ。
 
是非お楽しみに
 

僕の記事を少しでも気に入ってくれたら

 

「読者登録」

 

「Twitterのフォロー」

 

「応援コメント」等

どうぞよろしくね!