~りよぐり~ ~Riyo's English~

英会話講師「りよ」が英語独学に役立つ情報を毎日20:00に更新中!



【Listen / Hear】聴覚を表す2つの動詞使い分け



 

 こんばんは!

「Riyo's English」こと

「りよぐり」の時間だよー!

 

今日は

「聴覚を表す2つの動詞使い分け」

 

当然だけどこれらの2つは

日本語でも区別しているよ。

 

Let's Get Started!!

 

 聴覚を表す動詞とは

 

f:id:riyo-english:20190101074002j:plain

 

聴覚とは当たり前だけど耳を使って

「聞く力」のことを聴覚というよね。

 

英語で聞くというと

「Listen」「Hear」

この二つだと思うんだけれど、

今日はこの二つの使い分けについてと

ちょっとした文法の違いなんかにも

少し触れながらお話していければいいかな。

なんて思っているよ。

 

 Listen

 

f:id:riyo-english:20190101073930j:plain

 

まず「Listen」から。

これはそのまま「聞く」という意味。

 

ただ、「(意図的に)聞く」

と覚えておいてもらうと一番良いかな。

 

「耳を傾ける」なんて覚え方もいいね。

 

要するに、「よし、聞こう」

と思って聞くわけだね。

 

だから文法的には「to」を使うよ。

「耳を傾ける方向」が必要だからね。

 

例文をみていこう。

 

He listens to the radio.

(彼はラジオを聴く)

 

She doesn't listen to me.

(彼女が私の話を聞いてくれない)

 

He listened to the birds singing.

(彼は鳥が歌うのを聞いていた)

 

これらはどれも「聞こうと思って聞いている」

 

ここが「Hear」と区別する時に

一番大事だから覚えておいてね!

 

 Hear

 

f:id:riyo-english:20190101074150j:plain

 

次に「Hear」だよ。

「Hear」は日本語で言うと

「聞く」ではなくて「聞こえる」

ここが「Listen」と違うところだね。

 

放っておいても聞こえてくるんだね。

聞こうと思ってなくても耳に入ってくる。

聞きたくなくても耳に入ってくる。

こういったところが「Listen」と違う。

耳を塞いでも聞こえればそれは「hear」

 

そこには「聞こう」っていう気持ちはなくて

「聞きたくない」っていう気持ちが

あることすらありえる。

 

ただ、大抵の場合は自然に耳に入るイメージ。

 

だから文法的には「S V (聞こえたもの)」

という風に目的語をとるよ。

 

つまりどういうことかというと

「Listen」が「to」が必要だったのに対して

そのまま直接聞こえたものを言う。

そういうことだね。

 

例文を見ていこう!

 

I hear the music.

(音楽が聞こえる)

 

I can hear him all the way down here.

(彼の声はずーっと離れたここでも聞こえる)

 

I hear the birds singing.

(鳥が歌うのが聞こえる)

 

このように「to」も何も使わない。

これが「Listen」との文法的な違いだね。

 

次に意味の違いを見ていくよ。

僕が2個似たような例文を

「Listen」と「Hear」の両方で書いたのに

気づいた人もいるよね。

 

I hear the birds singing.

I listen to the birds singing.

 

この二つの文章。

 

一つ目の「Hear」の文章は

鳥が歌うのが聞こえてくる

だから特に自分の感情はない。

ただ事実を述べていて

周囲の状況を描写しているだけ。

 

二つ目の「Listen」の文章は

鳥が歌うのを聞く

だから自分の主観が入る。

鳥の声が心地よくて聞きたくなった。

だったり、感情が裏に読み取れる。

 

そういった違いがあるよ。

 

 ヒアリングテスト?

 

f:id:riyo-english:20190101074335j:plain

 

そう考えるとちょっと待てよ・・・。

と思うことが一つ。

 

学校の英語のテストなんかで

「ヒアリングテスト」

という言葉を聞いたことが

一度はあるんじゃないかな?

これはとってもおかしな間違い。

 

「リスニングテスト」であれば

意識して耳を傾けて聞く。

つまり内容を理解しようと

耳を傾けるわけだから正しいよね。

訳も「(英語を)聞くテスト」

これは問題ないよね。

 

「ヒアリングテスト」というと

「聞こえるテスト」

ん?なんかおかしいね。

 

ネイティブが

「ヒアリングテスト」と聞いて想像するもの

それはお医者さんなんかで

 

「音が聞こえてきたらボタンを押して下さいね」

「ピーーーーー」ポチッ

「ピッピッピッピッピ」ポチッ

 

なんていうテストあるよね。

要は「耳がちゃんと聞こえるか確認するテスト」

これなんだよね。

 

興味がある人は今度英語で

「hearing test」

と検索をかけてみてね。

カタカナじゃダメだよ!

 

「聴覚検査」の動画や音声が

沢山出てきてくれるよ。(笑)

 

この記事を読んでもらったみんなは

もう明日から「英語のヒアリングテスト」

なんて言えないよね。

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう。

 

次回は

「場所を表す3つの前置詞の使い分け」

を紹介するよ!

 

是非お楽しみに!

 

僕の記事を少しでも気に入ってくれたら

 

「読者登録」

 

「Twitterのフォロー」

 

「応援コメント」等

どうぞよろしくね!