~りよぐり~ ~Riyo's English~

英会話講師「りよ」が英語独学に役立つ情報を毎日20:00に更新中!



【間違いやすい】「Really」の発音と3つのフォニックス



 

 こんばんは!

「Riyo's English」こと

「りよぐり」の時間だよー!

 

今日は

「「Really」の発音と3つのフォニックス」

 

学校教育でよく間違って教えられがちな

この「Really」の発音を

英語の発音のルールである

「フォニックス」 の観点から

3つのコツを解説していくよ!

 

※先生が全員間違ってるわけではないので注意!

 

「リアリー?」って発音してね。

なんて教えられた人は要注意!

もう既に間違ってるよ。

 

f:id:riyo-english:20190116014258j:plain

 

Let's Get Started!!

 

 第一のポイント「R」

まず「Really」の一番最初の「R」から

発音を聞いてみよう!

 

 

「R」の発音のコツは舌を持ち上げるんだけれど

音声学的に「R」は接近音といって

舌が上あごに接近することで、

少しこもった音が出るのが「R」の音なんだ。

 

同時に上下の唇も接近するから

かなり「W」に近い音が出るのが特徴だよ。

ちなみにいうと「W」も接近音。

 

こういう音声学の話はまた興味がある人が

多そうだったら後日取り扱うね。

 

ちょっと話がそれたけど、

「接近」するだけであってそれは逆に言えば

どこにも触れることはないから注意だよ。

 

日本語の「ラ行」を意識しすぎると

絶対舌がどこかに触れてしまっていて

更に言えば少し弾くような動作をしているはず

だから、触れていたら間違いだよ。

 

唇を近づけて、舌を上げたところから、

「ア」って言いながら舌をさげる感じ。

すると、「ワ」に近いような、

「ラ」に近いようなそんな音が出る。

あくまで言うのは「ア」

 

ここに注意すると綺麗な「R」の発音が

できてくるはずだよ。

 

ちなみに「Really」を発音する際は

「リ」の発音だからどちらかというと

「イ」を意識しながら唇を近づけると

「ウィ」のような「リ」のような

そんな間の音が出るはずだよ。

 

何度も頑張ってみてね。

何度も言うようだけど

絶対に「ラ」や「リ」とは言おうとしないこと。

 

これが「R」上達の第一歩だよ。

 

 第二のポイント「L」

 

f:id:riyo-english:20190116014500j:plain

 

次に「L」の発音の出し方だよ。

音声を参考にしてみてね。

 

 

 

次に「L」の発音!

「L」は音声学的には側音というよ。

なんで側音というかというと、

舌の横の側面を空気が通るから。

 

まだ全然わからないよね。

 

まずは舌の先の方を上の前歯の付け根辺りに

そっと付けてみよう!

 

すると、舌が口の真ん中を塞いでしまって

舌の両サイドしか空気が通らなくなるよね。

その時に「アー」と言ってみよう。

「アー」と言ってるのに「ウー」

みたいな音が出ればOK!

 

そこから「アー」って言いながら

舌を離してみよう。

「ラ」って言わないで離す方のは不可能だから

「ラ行」なんて意識する必要はないよ。

 

「ラ」って言わないように離してみて?

不思議なくらい絶対「ラ」ってなるよね。(笑)

 

それが「L」の発音。

「ラ行」を意識すると結局それは

日本語の「ラ」であって

「L」の「ラ」じゃないから気をつけてね。

 

あくまでいうのは「ア」

舌を話すと勝手に「ラ」ってなっちゃうイメージ

 

これが「L」の発音。

ちなみに「Really」の

最後の「L」の発音は「リー」なので

「イー」って言いながら舌を離す感じ。

今度は「リ」って言わずには離せないよね。

 

それを伸ばすとー「リー」ってなるはず。

それを使っていこう。

 

さっきの「R」の「ウィ」ってやつと

今回の「L」の「リー」を覚えておいてね。

 

 第三のポイント「EA」

 

f:id:riyo-english:20190116014700j:plain

 

最後に「EA」の発音。

これは日本語にもあるような

「イー」って言う発音。 

 

 

上で続けて発音したけど、

「Peach」(ピーチ)や「Easy」(イーズィー)

と言う発音を見てもわかるように、

「EA」は「イー」なんだよね。

 

どうしたら「リアリー」のように、

「イア」になっちゃったのかが分からないくらい。

つまりここが大間違い。

 

絶対に「イー」って発音しよう。

 

つまり「Really」は「リアリー」じゃなくて

どっちかって言うと、「ウィーリー」

っていうイメージで舌を動かしていくと

かなり綺麗に発音できるよ。

 

 繋げていってみよう

 

f:id:riyo-english:20190116014851j:plain

 

繋げて「Really」を発音したよ。

一度聞いてみてね。

 

 

繋げて発音しようとすると、

「L」の発音をしようと舌をくっつけた時に

さっきの「ウー」っていう発音が

一瞬だけ自然に出てしまっているよね。

だから「ウィーゥリー」

みないな感じになっちゃってるのは分かるかな?

この「ゥ」が「リアリー」の「ア」に

聞こえてしまう原因になってしまっているのかな?

っていう風に発音していて思ったよ。

 

でも「ア」なんて発音は絶対に入ってないから

断じて「リアリー」なんて言わないように!

 

 イントネーション

 

f:id:riyo-english:20190116014926j:plain

 

ちなみにネイティブは「Really」を

二つの意味で使うよ!

語尾を上げるか下げるか。

それによって意味が変わるよ。

まずは音声から聞いていってみよう。

 

 

これの語尾が上がっている方。

これが基本的に日本でよく習う

「本当?!」ってやつだね。

現代語で言うと「マジ?!」ってやつ。

 

次に、語尾が下がっている方は

「へぇ~」だったり

「ふ~ん」のような、

どちらかというと納得したような

あいづちを打つ時に使われるよ。

 

是非、使い分けてみてね!

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう!

 

次回は

「頻度を表す副詞7選」

についてお話するよ。

 

是非お楽しみに!

 

僕の記事を少しでも気に入ってくれたら

 

「読者登録」

 

「Twitterのフォロー」

 

「応援コメント」等

どうぞよろしくね!