~りよぐり~ ~Riyo's English~

英会話講師「りよ」が英語独学に役立つ情報を毎日20:00に更新中!



【絶対上達】シャドウイングをする時気をつけるべき3つのこと



 こんばんは!

「Riyo's English」こと「りよぐり」の時間だよー!

今日は

「シャドウイングをする時きをつけるべき3つのこと」

Let's Get Started!!

 

 シャドウイングって?

 

f:id:riyo-english:20181120061510j:plain

 

シャドウイングは英語の学習方法の一つで、聞こえた英語に言葉の通りシャドウ(影)をつけること。

 

影をつけるってちょっと良くわからないよね。要するにちょっと後を追いかけて、聞こえた英語を言うのがシャドウイングだよ。リピーティングではないから気をつけてね。

 

音が鳴り終わる前からスタートして、鳴っている間も聞きながら頑張って追いかけてね。ちょっと最初はハードルが高いかもしれないけど、やっているうちにすぐ慣れるから諦めないことが重要だよ。

 

 シャドウイングのいいところ

シャドウイングのいいところは沢山あるよ。まず聞きながら追わなきゃいけないから、

リスニング力は大幅に上がるよ。

 

やり方を間違わなければ、発音もぐっと良くなるよ。 置いていかれないようにしなきゃいけないから、ネイティブの話すスピードに慣れることも出来るね。繰り返し練習することで、その表現が自分のものとして使えるようになるよ。これも大きな魅力の一つだと思うなぁ。

 

これらの効果を最大限に得るためにも、今から言う3つのことを守るのことがとっても重要なんだ。

 

f:id:riyo-english:20181120061649j:plain

 

 そのまま発音する

そのまま発音するってなんだ。そのままじゃないか。と思った?

 

案外この「当たり前」が出来てない人が多いよ。気持ちでは自分は聞こえた音を繰り返してるつもり。でも、実際口から出ているのは・・・

 

「カタカナに脳内変換された後の音」

 

英会話講師をしてて、生徒様を見てても思うけど、これは本当にありがちだから笑えないんだな。是非、やるときは気をつけてみてね。

 

 字は見ない

これも、シャドウイングの意図に反してるよね。大体シャドウイングをする教材には「スクリプト」なるものがついているよね。

 

みんなはシャドウイングをやる時どうやってる?やったことない人はイメージしてみてね。音声を鳴らしながら、その手には・・・

 

「今シャドウイングしているページのスクリプトが」

 

あったりしたらそれはマズいなぁ・・・。大体の人が置いていかれたり、ギブアップするとその手に持った本を開いちゃう。そしてスクリプトを見て、「あー、今ここか。」って。

 

それじゃ意味がないんだぁぁああああ!!

 

置いていかれたとしても、一度落ち着いて止まっていいから戻れる場所を探してみてね。そうやって耳を澄まして聞くことで英語を聞ける耳が出来上がっていくからね!

 

 暗記の練習じゃない

シャドウイングは難しい。だからやる前にある程度覚えちゃおう。じゃないと全然ついていけないからね!

 

これもやりがちな間違いだよ。あなたがある程度と言って覚えたその英語、ある程度発音が身についた頃ならいいけれど・・・

 

「既に頭の中でカタカナ訛りに変換されてる」

 

そんなことが起こってはいないかな・・・?

全然ついていけないのであれば、ネイティブは言わない音をいっぱい発音してるはず。

 

それをしっかりと修正するためのシャドウイング。ここの順番が逆転しちゃったら、上達効果は激減・・・。そんなもったいないことはしないでね。

 

最後まで読んでくれてありがとう!

 

次回は

www.riyogli.net

 

 

是非お楽しみに!

僕の記事を少しでも気に入ってくれたら

「読者登録」

「Twitterのフォロー」

「応援コメント」等

どうぞよろしくね!