~りよぐり~ ~Riyo's English~

英会話講師「りよ」が英語独学に役立つ情報を毎日20:00に更新中!



【初心者必見!】シャドウイングまでにぶつかる5つの壁



 こんばんは!

「Riyo's English」こと「りよぐり」の時間だよー!

 

今日は

「シャドウイングまでにぶつかる5つの壁」

 

Let's Get Started!!

 

 

今回の記事ではシャドウイングが出来るようになるまでに、

みんながぶつかる壁についてお話していくよ。

 

「自分だけじゃないんだ」 

「自分は今ここら辺かな」

 

っていう感じで使ってもらえたら嬉しいな。

次の記事では、それぞれの段階に対応した、

オススメの練習方法も提案していく予定だから、

是非、最後まで読んでね!

 

f:id:riyo-english:20181120073831j:plain

 

 何も聞こえない

これは根本的に知っている単語数が少ない時に起こるよ。

「単語の壁」とでも言っておこうかな。

知らない単語はやっぱり拾えないからね。

 

ただ、逆に言えば音から入れるいいチャンス。

「単語の発音をカタカナで覚えてない」

ということだからね!

 

是非、シャドウイングをする時は単語を拾おうとせずに、

意味が分からなくてもいいから、

とにかく音をそのまま繰り返すイメージでやっていこう!

 

最初はモニョモニョそれっぽく言ってるだけでも効果はあるよ!

 

 ポツポツと聞こえる単語もある(文章は聞こえない)

これは耳が少し慣れ始めている証拠だよ。

ただ、知っている単語数としてはまだまだ不足気味。

 

場合によってはシャドウイングしている文章が、

難しすぎるというケースもあるから、

一度テキストを見直してみるのも手かもしれないよ。

 

字を見たり隠したりと、

シャドウイングと音読を行ったりきたり、

そんなトレーニングをすると、

ちょっとずつ聞き取れる単語が増えてくるよ。

 

 文章は聞こえるが言うので精一杯

f:id:riyo-english:20181120073939j:plain

 

これは耳が確実に良くなってきているけれど、

まだ並行作業を出来るほどまでは行っていない。

そんな人がぶつかる壁だよ。

 

自分の文章をリピートする音声を少し下げてみよう。

もう少し良く聞こえるんじゃないかな?

 

迷子になっては合流する練習を繰り返そう。

そうしているうちにどんどん耳が慣れていくよ。

 

文法を少しだけ勉強してみるのも良いね。

多少聞き取れなくても聞こえなかった部分が

自分で補えるようになるよ。

 

例:I went....store ye.....morning.

くらい聞こえた!ってときに、

中学文法が頭に入っていれば、

I went to the store yesterday morning.

と作れるよね。

 

ただ、

「文法なんて大嫌い!」

って人も多いのは十分承知の上だから、

そんな人はシャドウイングで

おもいっきり耳を鍛えるといいよ!

 

そうしているうちに言える表現が増えてくれば、

その中でパターンが見えてくる。

 

「これとこれって同じような構文なんだ」

みたいな発見から文法を後付けしていく感じだね。

僕みたいないわゆる「帰国子女」はこっちのタイプ。

 

ただ、これにも悪い点が一つ。

それは、大量に英語を浴びなきゃいけないこと。

 

帰国子女は日常的に英語を浴びられる環境だからいいけど、

普通にこの方法をやろうと思うと、

かなり多くの表現に触れるために浴び続けないといけない。

 

でも文法書とにらめっこよりは・・・。ねえ?(笑)

 

 途中で詰まってそこで迷子になる

f:id:riyo-english:20181120074035j:plain

 

 もうシャドウイングはそこそこ形になっているレベル。

ただ、途中で詰まって迷子になってしまうなら、

それの原因は、発音が微妙に違うケースが多いよ。

 

例えば、「Th」や「V」「F」の発音で、

唇や舌を少し強めに噛みすぎていたり・・・。

(実際は触れるだけでいい)

 

すごく細かいことのように思えるけれど、

これが極めて重要!

噛みすぎたりしていると、

その音だけじゃなくて、

次の音への移動までが動きにくくなって、

結果、噛んでしまったり、詰まってしまったり。

 

一度「PHONICS」という英語の音法を、

思い切って勉強してみるのも手かもしれないね。

 

エービースィーディー・・・♪

じゃなくて、

エァバックッドゥッ・・・♪

っていう「PHONICS版のABCの歌」を覚えてみるとか・・・。

 

音を覚えたらもちろん自分で出してみるのも忘れずに!

 

 段々離されていって迷子になったが途中から合流出来る

耳は完全に出来上がっているし、

それぞれの単語は発音できる。

なのになんで・・・?

っていう人がこの段階だよ。

 

リンキング(音が繋がる)

リダクション(音が消える)、

フラッピング(Tのダ/ラ行化)

 

などの単語の間の部分に秘密があるよ。

ネイティブはスピードアップをするために、

繋げたり、消したり、言いやすくしたり、

色々な工夫をしてサボっています。

 

日本語でも「洗濯機」ってなんて読む?

「せんたくき」じゃなくて「せんたっき」

だと思うんだ。

 

これも日本語でいうリダクション「く」が消えてる。

 

「字に捕らわれない」っていうことが、

この段階ではとにかく大事だよ。

 

スクリプトを見る回数をどんどん減らしていこう。

見れば見るだけ、書いてあるものを発音してしまうから、

書いてあるのに発音しないことを学ぶには、

そもそも字なんて見ないことが一番だよね。

 

大分長くなっちゃったけど、今日はここまでだよ。

最後まで読んでくれてありがとう!

 

次回は、

www.riyogli.net

 

是非お楽しみに!

 

僕の記事を少しでも気に入ってくれたら

 

「読者登録」

 

「Twitterのフォロー」

 

「応援コメント」等

どうぞよろしくね!