~りよぐり~ ~Riyo's English~

英会話講師「りよ」が英語独学に役立つ情報を毎日20:00に更新中!



【あなたは大丈夫?】英会話講師が思う上達しない人の5つの傾向



 こんばんは!

「Riyo's English」こと「りよぐり」の時間だよー!

 

今日は

「英会話講師が思う上達しない人の5つの傾向」

 

普段は穏やかな僕だけど仕事の時は

「先生厳しい。」って言われる・・・。

そんな僕だからこそ、

今日はずばずば斬っちゃうよー!

 

Let's Get Started!!

 

 英語=お勉強になってる

 

f:id:riyo-english:20181122020342j:plain

 

これは一番多くの人に当てはまるんじゃないかな。

英語はあくまでコミュニケーションツール。

お勉強なんかじゃないんだよ!

 

学生はもちろんだけど、

仕事で英語の必要性に駆られていて、

真面目な人にも多い気がするよ!

 

「英語の時間」

「さあ、英語を勉強しよう」

 

そんな風な時間の作り方をしている方は要注意!

まずはそのイメージを取り払うことから始めよう!

勉強が好きな人なんていないからね!

 

「好きこそものの上手なれ」

 

そんな言葉があるよね!

まずは英語を好きになることから始めてみよう!

英語に立ち向かう姿勢だけで、

全然上達スピードが違うことに気がつくと思うよ!

 

 目標が話せるようになること

上にもちょっとだけ書いたけど、

英語はあくまでコミュニケーションツール

それを使って何がしたいか?

 

「資格が取りたい」

「仕事で使いたい」

「海外旅行に行きたい」

「外国人の友達が欲しい」

「海外のゲームでチャットしたい」

 

目標はなんでもいいんだけど、

その先に何かあるだけで

辛かったりくじけそうになった時

心の支えになってくれるはず!

 

最終的に長期継続に繋がるよ!

 

 基本的に受身

 

f:id:riyo-english:20181122020742j:plain

 

「英語=お勉強」という人は、

「英語を勉強しよう!」と思った時以外は

英語からは離れた生活を送る傾向にあるよ!

 

勉強の時以外の英語情報にはあまり関心なし。

与えられるのを待つことが多いよ。

 

だからこそ例えば、

スーパーでほうれん草を見かけたとしても、

「ほうれん草って英語でなんて言う?」

(ちなみにSpinach)

なんていう疑問は思い浮かびもしないよね。

 

そういう小さなことの積み重ねが

英語の上達には重要な気がするよ。

「これこの前も気になって辞書引いたな」

その繰り返しから努力してるつもりがなくても

単語が少しずつ定着していくよ。

 

自分から英語に興味を持って、

情報を取りにいくような日常を過ごしてみよう。

 

 高度な日本語を使う

日本語が上手とはどういうことかな?

作る文章に出てくる単語が難しい。

作る文章も長い傾向にあるよ。

 

もちろん最初のうちは、

「日本語から英語に訳す」

っていうことをすると思うんだ。

 

そのおおもとの文章が

簡単なのと難しいの

どっちが訳しやすいかな・・・?

 

そこから訳そうとしても、

初心者の間は単語が足りない。

文法も知らない。

 

一文に入れようとしている情報も多いから

語順がこじれて聞く方も分かり辛い。

上手く伝わらないから苦手意識がつく。

 

なんていう負の連鎖に陥りやすいのも

このタイプの人達な気がするなぁ。

もっとゆるーくシンプルに。

英語力を上げてその文章を言うよりも

おおもとの日本語を簡単にしてみてね。

 

最終的にはそっちの方が、

英語力の上達も速くなるよ。

 

 文法なんていらない

 

f:id:riyo-english:20181122020924j:plain

 

これが口癖の人は要注意。

 

初級に文法は要らないと思うけど、

中級、上級は少なからず要ると思うな。

文法用語を暗記するのは無駄だよ。

でも文法を理解することは絶対必要。

 

例えば、

Do you like this pen?

くらいの文章であれば、

 

「like」は一般動詞なので、

「do」を使いますよー。

だから、「Do you like」

この「like」は目的語がいります。

「このペン」が目的語ですね。

「このペン」は英語で「this pen」

ちなみに「pen」は名詞なので

ここは他の名詞と入れ替えられます。

ってやっちゃうと、

 

「OK, that's enough. Stop it.」

(もう十分だからやめて。)

 

ってなるよね。

 

正直これなら丸暗記でいけて、

その文章を暗記して、

「pen」のところは他の物でもいい。

 

このくらいの理解で事足りる。

文法用語を使ってないだけで

これも文法だよね。

 

「ネイティブは文法を知らない。」

なんてことを声高らかに言う人もいるけど、

そんなわけないよね。

 

ネイティブは知っている表現が多いから

その中からパターンを探せる。

意識していないだけで絶対知ってるんだよ。

 

「文法用語」は要らない。

「文法」は要る。

っていうのはどこかで覚えてて欲しいな。

 

ただ、文法→作文でやると難しいから、

さっきみたいに知ってる複数の文章から

「入れ替えられる単語」

「入れ替わっている場所」

とかのパターンを探していって、

それを「文法」と呼んだ方が苦しくないよ。

 

最後ちょっと熱くなっちゃったなー。

厳しいとこ出てた?(笑)

 

次回はこれを踏まえて、

この先の姿勢をどうしたらよいか。

 

www.riyogli.net

 

最後まで読んでくれてありがとう!

 

是非お楽しみに!

 

僕の記事を少しでも気に入ってくれたら

 

「読者登録」

 

「Twitterのフォロー」

 

「応援コメント」等

どうぞよろしくね!