~りよぐり~ ~Riyo's English~

英会話講師「りよ」が英語独学に役立つ情報を毎日20:00に更新中!



To不定詞と動名詞を使い分ける時に気をつけるべき3つのルール



 

 こんばんは!

「Riyo's English」こと

「りよぐり」の時間だよー!

 

今日は

「To不定詞と動名詞を使い分ける時に気をつけるべき3つのルール」

 

テストの問題にもしやすくて、

特に意味が変わる部分については

間違いやすい部分だから

一度チェックしていこう!

 

Let's Get Started!!

 

 To不定詞について

 

f:id:riyo-english:20181227032648j:plain

 

まず「To不定詞」というのは

「To+動詞の原型」が基本だよ。

これで「~すること」だったり、

「~するため」っていう意味になるよ。

今回は、動名詞と同じ意味である、

「~すること」の方をメインに

取り扱って話していくよ。

 

動詞の原型というのは

「play」とか「go」みたいに

何もしてない形のことだよ。

(三単現のsや過去形のdをつけない)

 

「楽しみにする」って意味の

「Look forward to ~ing」

なんかは「to+ing形」だよね。

この「To」は「To不定詞」じゃなくて

「前置詞」だから気をつけてね!

「前置詞のTo」の後には

名詞や動名詞が来る場合もあるよ。

 

だから、「To」に出会ったら、

「前置詞なのか」「不定詞なのか」

見極めるのも結構重要だよ。

 

あくまで「To不定詞」は

「To+動詞の原型」

ここまでをまず覚えよう。

 

 動名詞について

動名詞は動詞の「~ing形」のこと。

それで、「~すること」

っていう意味を表すよ。

「To不定詞」と同じだから

これから使い分けを見ていくよ。

 

 どちらもほぼ同じ意味の場合

 

f:id:riyo-english:20181227032916j:plain

 

私は「野球をすること」が好きです。

 

I like to play baseball.

I like playing baseball.

 

これはどちらもほぼ同じ意味。

 

更に「彼はテニスをしはじめました」

 

He started to play tennis.

He started playing tennis.

 

これもほぼ同じ意味です。

 

他にも「hate」や「begin」

「continue」「love」

なんかも意味がほぼ変わらないよ。

 

 動詞で決まっている場合

 

f:id:riyo-english:20181227033145j:plain

 

必ず「To不定詞をとるもの」

「Want」(望む)

「Need」(必要とする)

「Plan」(計画する)

「Expect」(予想する)

「Hope」(望む)

「Agree」(同意する)

「Choose」(選ぶ)

「Decide」(決める)

「Mean」(するつもり)

「Refuse」(拒否する)

「Promise」(約束する)

「Pretend」(ふりをする)

 

などがあるよ。

他にも沢山あるけど、

今日はこの辺でやめておくよ。

 

例文:

I want to be a teacher.

(私は先生になりたい)

 

I'm planning to take a trip this summer.

(この夏旅行する予定だ)

 

They decided to study hard.

(彼らは一生懸命勉強することを決めた)

 

He promised to go to bed early tomorrow.

(明日早く寝ることを約束した)

 

などなど。

全部「To+動詞だよね」

これらは「~ing」では言えないよ。

注意してね!

 

 

f:id:riyo-english:20181227033321j:plain

 

必ず「動名詞をとるもの」

「Suggest」(提案する)

「Enjoy」(楽しむ)

「Finish」(終える)

「Practice」(練習する)

「Put off」(延期する)

「Mind」(気にする)

「Consider」(考慮する)

「Give up」(諦める)

 

例文:

We enjoyed playing video games.

(私たちはゲームを楽しんだ)

 

I practiced playing the drums.

(私はドラムの練習をした)

 

Would you mind opening the door for me?

(ドアを開けてくれませんか?)

 

He put off going to the dentist.

(彼は歯医者に行くのを延期した)

 

もちろん他にもあるけど

よく見かけるものを書いてみたよ。

 

ちなみに、

テストにあまり「To」の形で出題されない

なんてデタラメな理由で

「Stop」を必ず動名詞と教えている

塾があったり、先生がいたりするみたいだけど、

「Stop」は両方いけるから気をつけてね。

次の項目で紹介するよ。

 

 両方OKだけど意味が変わる場合

 

f:id:riyo-english:20181227033419j:plain

 

これに関しては例文重視で

意味がどう変わるかを確認していこう。

 

まずは動詞達を見ていこう。

 

「Remember」

「Try」

「Stop」

「Forget」

 

これらの4つを今回は見ていくよ。

 

I remember to call him.

(私は彼に電話することを覚えている)

 

「電話をかけなきゃいけない」

ということを覚えている。

ということは電話はまだかけていない。

 

I remember calling him. 

(彼に電話をかけたことを覚えている)

 

「電話をかけた」

ということを覚えている。

ということは既に電話はかけた後。

 

I tried to call her.

(彼女に電話をかけようと努力した)

 

あえて電話をかけようと努力した

という言い方をするということは、

電話はかけられなかった。

 

I tried calling her.

(彼女に電話をかけてみた)

 

結果はどうであれ

電話をかけたのはかけた。

「ただ繋がらなかった」

とか、そういったことが予想される。

 

I stopped to smoke.

(私はタバコを吸うために止まりました)

 

つまり、これからタバコを吸うところ。

そのために歩いていたのに止まったとか、

車を走らせていたのに駐車したとか、

そういうシチュエーション。

 

I stopped smoking.

(私は禁煙しました)

 

つまり、今はもうタバコを吸っていない。

タバコを吸っていたのは過去の話。

 

I forgot to lock the door.

(ドアにカギをかけるのを忘れた)

 

「ドアにカギをかけなきゃいけない」

ということを忘れた。

つまりドアにカギはかかっていない。

 

I forgot locking the door.

(ドアにカギをかけたことを忘れた)

 

「家にカギをかけた」

ということを忘れた。

つまりドアにカギはかかっている。

 

この4つの特徴として、

一番覚えて欲しいのは、

 

「To不定詞」は「未来」

「動名詞」は「過去」

 

ここが今日の記事で一番重要!

 

どういうことかというと、

まず「To不定詞」から見ていくね。

 

「I remember to call him.」

(私は彼に電話することを覚えている)

 

しなきゃいけないことは覚えているけど

電話をかける行為自体は「未来」

 

「I tried to call her.」

(彼女に電話をかけようと努力した)

かける努力はしたけど

電話はまだかけれてない。

 

上司に

「いや、かけてもらわないと困るよ」

なんて言われた時には、

「すいません。今からかけます」

 

つまりかけるのは「未来」

 

「I stopped to smoke.」

(私はタバコを吸うために止まりました)

 

これからタバコを吸うわけだから、

タバコを吸うのは「未来」

 

I forgot to lock the door.

(ドアにカギをかけるのを忘れた)

 

例えばお出かけの日に

家を出てからすぐ近くで思い出した!

「そういえばカギかけてない!」

カギをかけに戻るのは「未来」

 

ということなんだよね。

 

次に動名詞を見ていくよ。

 

I remember calling him. 

(彼に電話をかけたことを覚えている)

 

したことを覚えてるんだから、

電話をしたのは「過去」

 

I tried calling her.

(彼女に電話をかけてみた)

 

かけること自体は既に試したわけだから

電話をかけたにはかけた。

ただそれが返事がなかったとか

思い通りにいかなかっただけ。

つまりかけたのは「過去」

 

I stopped smoking.

(私は禁煙しました)

 

今はタバコを禁煙してしまって

吸っていないわけだから、

タバコを吸っていたのは「過去」

 

I forgot locking the door.

(ドアにカギをかけたことを忘れた)

 

かけてたことを忘れただけだから、

家に戻っても

「あれ、閉まってたわ」

つまり既にカギがかかってるということは

カギをかけたこと自体は「過去」

 

こういうことなんだよ。

ここだけ理解すればきっと使いこなせるはず。

 

今まで苦手だったって方が

スッキリ分かった!

なんて思ってもらえると嬉しいな。

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう。

 

次回は

www.riyogli.net

 

がんばって傾向とか分析していくよ!

受けたのは去年に既に受けてるんだけど、

この冬休みの時期が大事だから

明日を使ってやっていくね。

 

是非お楽しみに!

 

僕の記事を少しでも気に入ってくれたら

 

「読者登録」

 

「Twitterのフォロー」

 

「応援コメント」等

どうぞよろしくね!